スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2017の投稿を表示しています

「アート系イベント」について「すみだ 地域イベントプロデューサー講座」で話してきました

昨日10月25日の夜、「すみだ 地域イベントプロデューサー講座」という、実行委員会形式で行われている勉強会からお声がけをいただき「アート系イベント」についてお話をしてきました。

イベントプロデューサーさんや企業の企画担当、その他フリーランスで様々な活動をされている方や起業家さんが参加されている勉強会ですから、まずは「アート系」という言葉から想像される”あれこれ”を整理することが必要かと考え…極端な分類かもしれないですが、国際芸術祭レベルのものから六本木アートナイトやTERATOTERAや墨東まち見世や39アートin向島、そしてドンツキ協会さんのイベントやヒラキエで行われる様々な出来事まで全てひとつの延長線上において話しました。

イベントプロデューサー講座ですから、イベントをつくるために必要な「ヒト・モノ・カネ」の話は欠かせません。モノはアートの説明になりますから私は専門外。ヒトとカネについてまとめました。

カネは国際芸術祭の報告書から収支報告書を抜粋し、どんなところにお金が使われるのかの説明。収入の部分を見せ、助成金や公的負担金に頼っていることの説明(理由とか)。そこから評価の話をし、社会的インパクト評価イニシアチブの紹介をしました。ここは反応がとてもよかったと思います。

ヒトの部分では対話の機会としての会議の重要性を伝え、墨東まち見世や39アートin向島の会議構造を話しました。

想像していた2倍以上の時間がかかってしまいましたが、参加いただいた方に興味を持続いただくことはできたかなと思います。

===

普段から地域アートプロジェクトのことを考えている人ではない、「アート系」に対しては心地よさや楽しさといった(twitterでgnckさんが使っていた言葉を、文脈関係なく借りると)「感性的満足」を想像するかもしれない人に対して、アートプロジェクトの現場の苦労や困難、主体となる人や団体がどれだけ切実にやっているかという実情が、少しでも伝わっていればいいなと思います。

すみだ 地域イベントプロデューサー講座
http://www.machipro.info/

墨東まち見世
http://machimise.net/

39アートin向島
http://39art-mukoujima.info/

社会的インパクト評価イニシアチブ
http://www.impactmeasureme…

知床旅行記(旅行というか週末の過ごし方)

知床でワークショップをする機会をいただいたきっかけや理由や流れをここで説明するのは難しいし可能ならば丁寧に、そう、面と向かって相手の表情を見ながら伝えたい内容。ここでは初めて知床に向かう際の飛行機内で偶然アーティストのエレナトゥタッチコワさんに出会ったことを話しておいた方がよいと思う。

数年前のアタミアートウィークで知り合って以来の出会いだったけれも忘れられないその顔はすぐ声をかけるに至った。女満別の空港で仕事の依頼主を紹介したり、行き先を聞いて同じ知床であることに驚いたり、そこで初めて「メーメーベーカリー」というパン屋のことを聞いたりした。

雪解けとメーメーベーカリー
メーメーベーカリーとシリエトクノートから広がる様々なつながりや状況のおかげでワークショップは、私が思っていた以上に何かが伝わったと思う。知床には合計2回ほどしか来ることは無かったけれど、私にとって墨田区に続いて気にかかる…大事な感じのする場所になった。

ワークショップが終わってから1~2年ほど知床に行くことは無かったけれど、メーメーベーカリーの小和田さんやシリエトクノートの中山さんたちが東京に来た時に出会ってご飯を食べたりカラオケをしたり、思い出はなかなか途切れることなく着々と痕跡を残してくれている。

AIR DOと夕焼け
そしてこの4月の半ば、やっとこさ、知床半島を再び訪れた。

ワークショップの際は依頼主が用意したレンタカーで女満別空港からウトロまでひとっとび(といっても1~2時間かかる)だった。今回は公共の交通機関を使った。まずバスで女満別から網走駅へ。網走駅から釧網線を使って知床斜里駅へ。知床斜里駅に着くとシリエトクノートの中山さんが待っていてくれた。彼女の車に乗って宿泊する「しれとこくらぶ」へ。

夜の網走駅はちょっと雰囲気が、ある
釧網線の一両車両。ここで高校生たちの青いやりとりが。
石川直樹さんの写真とプロモーション。やっと見れた。
しれとこくらぶ、お世話になりました!
祖父の代に地元の付き合いで譲り受けた(お歳暮として)温泉をもとにスタートした民宿「しれとこくらぶ」は市街地にある。手作り感のあふれる民宿は、やはり温泉が良質で素晴らしく、しれとこくらぶ1階で開業しているレストラン年輪も人気。夜中や朝早くはそりゃもちろん少ないが、夕飯時はご近所さんや宿泊客で賑わっている。朝食はお母さんの手作りを食べな…

Kuala Lumpur - Malaysia / マレーシア旅行記(旅行というか週末の過ごし方)

週末2日間の滞在という短い期間だったので、空港からの特急がとまる駅、KLセントラル駅近くのホテルを予約しました。駅からショッピングモールを抜け、モノレールのプラットフォームに向かう橋からホテルが見えます。地階に降りてホテルにまで向かう道で見えたもの。





その場に生活している人たち。労働者たち。労働者やその家族が通う定食屋のようなカフェ。金物屋。小さなスーパーマーケット。夜になると施しを乞う人や演奏をする人がずらりと並ぶ大通り、そして中通り、裏道。ふらりと立ち寄ったカフェ(と名前がついているけど雰囲気は大衆料理屋)の店員は英語を話し、旅行者にも慣れた様子。ちゃんと生きてるんだなあと嬉しくなります。


道なりに歩いて駅から離れると、突然あらわれるヒンズー寺院。お祈りの時間だと思います。かなり多くの人が寺院の中に入っていき、外にはお祈りが終わった人なのか何かの係の人なのか、つまり役割がごちゃ混ぜのような状態で人がただただそこに居ました。まずいなあ。興味本位であれこれ写真に残せない雰囲気。私はそそくさとその場を後にしました。




左に入ってしばらく行くとまた雰囲気のよい料理屋を発見。ただ屋根があるだけのオープンスペースにキッチンと4つほどのテーブルに20席。さっきロティを食べたばっかりだからそんなにお腹は空いていませんでしたが、この席に腰を下ろして何かを楽しみたい。そう思って、キッチンで注文。このお店で働いていたご主人夫婦は英語が話せない様子だったので指さして注文。ミーゴレンという焼きそばと揚げ物を少しもらいました。そしてチャイも忘れずに。歩き疲れたこともあって30分から45分ほどそのお店でのんびりとしていましたら、回転率のよいことよいこと。休みなく人がやってきて食べては去っていきます。南インド系が集められているというBrickFieldsとは反対側(駅を挟んで)のはずなのに周りには南インド系の人かマレー系しかいません。かなり濃い体験を2件の大衆料理屋でした後、目的地の美術館に向かいました。





さて、美術館が10時開館だというのに1時間ほど前に訪れてしまった私は、またカフェ探しにウロウロします。


実は美術館に向かうまでの道のりがとても遠く、モノレールChow Kit駅を降りてから徒歩約15分くらいかかりました。直線距離だとそれほど遠くないはずなのですが、真ん中に病院のある広大な土地…