投稿

3月, 2012の投稿を表示しています

玉屋洋服店の話。

イメージ
私は墨東まち見世2011の事務局をしています。TwitterFacebookでご覧いただいている方もいらっしゃるかと思いますが、現在、3月9日からスタートする100日プロジェクトという企画の準備を着々と進めているところです。

プロジェクトの詳細はこちらからご確認ください。
墨東まち見世2011〈100日プロジェクト〉
谷山恭子  “ lat / long - project   I‘m here. ここにいるよ。”


さて、本文では、100日プロジェクトで作品設置を行った八広にある「玉屋洋服店」について書こうかと思います。作品について、というよりは玉屋洋服店で働くおばあさん(80歳より上)の笑顔と、体を揺らして喜んでくださったあの瞬間について。


50年以上も八広で洋服店を営んできた玉屋さんはまちの事を熟知しています。町内会長でもありますから、コンビニで働く方の癖やご近所にある工場の社長の子ども時代の事まで何から何までご存知です。だから、まちの人からも知られている存在です。2つの信号に囲まれた道の真ん中にある玉屋洋服店は目立ちます。大きなショーウィンドウには3体のマネキンが立ち、その周りをシャツが取り囲みます。お世辞にもオシャレとは言えませんが、記憶に残ります。店の前にはいつもおじいさんが立っています。

墨東まち見世100日プロジェクトでは、谷山恭子さんを招聘しました。彼女はGPSロガーを使い、緯度と経度を計測しながらまちを歩きました。小数点以下が無い、きりのいい数字の交点に偶然ある「何か」に作品を設置するプロジェクトは、玉屋洋服店にポイントを見つけます。八広在住の方のお手伝いもあり、作品設置は了承いただくことができました。ショーウィンドウにアプローチする作品は、ぜひ3月9日以降の展示でご覧ください。


作品設置に3月3日、4日と玉屋洋服店を訪れました。おじいさんとおばあさんにご挨拶し、まずは掃除から始めます。お仕事の邪魔にならないように、気を遣いました。正直言うとかなりビクビクしていました。緊張していました。でもそれは杞憂で、おじいさんもおばあさんもとても明るく、私たちの作業を見て下さいました。特におばあさん。私たちがゴミ袋を探していると「何?ゴミ袋がほしいの?」と言って奥にひっこむと手にゴミ袋を持って出てきてくださいます。私たちが何か困った素振りをみせるとすぐに手に「…

神さまがくれた漢字たち (よりみちパン!セ)

イメージ
神さまがくれた漢字たち (よりみちパン!セ) 白川静監修 山本史也
漢字ができたその時に、人々が創り上げた世界を丁寧に教えてくれる本です。キーワードは神さまです。例えば「口」は神さまに捧げる器を意味していました。神と人とをつなぐ「口(さい)」と肉は共に祭られ、神に告げられ承諾を得て、神にゆだねられた「名」。

漢字がつむぐ物語を知れば、目にする文章の奥深さが変わって、読みなれた本も新しい世界を見せてくれるかもしれません。

160ページ弱と分量もちょうどいい。文字も大きいし、象形の図がわかりやすい。通勤の合間や一人で食べるランチ食後の珈琲と一緒に。ちょっとした時間に読める、勉強になる本でした。

漢字は、物の実際を写しとったものであるだけでなく、その神話的な世界をも描き出したときに成立した文字であったといってよいのです。