投稿

12月, 2015の投稿を表示しています

2015年の棚卸し

イメージ
2015年の棚卸しをしなければ、新しい年を迎える気分になりません。

今年は平均して毎月1回観劇することができましたし、毎月誰かと会い何かを話し、展示やイベントやトーク/シンポジウム様々な出来事を経験することができました。公共、参加、アーカイブ、教育、全体と部分(個人)、差別、戦争、ナショナリズム。トピックの多い1年でしたね。

39アートin向島、すみだ川ものコト市、アーティストのための工作機械ツアー、鳩の街通り商店街でのジャズ・フェスティバルや100TENプロジェクト(空き店舗活性プロジェクト)やハトウィン/ハトウィン写真館/写真展と今年も様々な出来事に関わることができました。


39アートin向島は39企画が参加。エリアの活動の数や種類の多さが可視化された気がします。今年は、今まで以上に展示やトークなどイベントの情報が手に入りました。全部行きたいけど行けないというもどかしさに、結構本気で、悩み苦しみました。半分冗談、半分本気で分身の術を体得したかった。

鳩の街通り商店街は、100TENプロジェクトを通じて右左見堂(古本)さんが新規オープン。その他、スイートローズさん、ジバンさんやミャンコさんなど着実にメンバーが増えてきました。秋に開催したハトウィンをきっかけにハトウィン写真館がスタート。12月のハトウィン写真展では鳩の街の過去の写真を収集するプロジェクト(のようなもの)も立ち上がりました。


ハトウィン写真展では「あをば荘」に展示企画を依頼しました。あをば荘は企画者10名弱が参加している拠点、ハード。今回の依頼はソフトをハードに依頼するという形式です。ハードとソフトの関係を考えるきっかけになればと考えていますが、この辺りはもうちょっと丁寧に言語化したいですね。

この1年は、なくなるハード(建物、場所)、終わるソフト(プロジェクトなど)が目につきました。同時に、新しくできるハード、立て続けに立ち上がるソフトなど変化が目につく1年でした。終わることは悲嘆や無理矢理な未来志向を生み出しました。ノスタルジーに縛られたくないですが、もう少し終わる様々に対してその意味を考えてもよいのではと思います。

今年も大変お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。よいお年をお迎えください。

ハトウィン写真展(というかフォトの街通り商店街、商店街のアーカイブの) / ご報告

イメージ
商店街の企画を「あをば荘」というオルタナティブスペースに依頼しました。10月に行ったイベントの報告と商店街アーカイブプロジェクトのキックオフを兼ねたとても大事な展示でしたから、専門の知識/経験を携えた人に依頼する必要があったのです。「複数の企画者が美術や演劇、農業などそれぞれの関心に基づき、気軽に企画・発表を行なってい」るあをば荘とならばやりたいことができるんじゃないか。その期待を大幅に上回る素晴らしい展示になりました。


依頼から展示まで30日程度という、びっくりするくらいに短い準備期間でしたが…写真の研究をしていた美術館の学芸員、美術コーディネートしているアーティスト、各種展示の現場をゴリゴリ経験している現在大学院生、という最強の布陣であっという間に展示のコンセプト立案からプレゼン、準備から実施まで駆け抜けてくれました。

会場は2つ。


1つ目の会場は入り口近くの空き店舗です。受付では展示の趣旨を説明したり、フォトの街通り商店街として過去の写真を集めていることを伝えます。プロジェクターの画像がぼんやりと映っている白い幕をくぐって奥に進むと、第2回ハトウィンのイベント写真と古い鳩の街の写真が展示されています。


2つ目の会場は飲食店2階にある元住居を活用したスペース。ハトウィン写真館の写真と鳩の街通り商店街の過去の写真をいくつかを展示していました。普段は入ることができない場所を活かしたインスタレーションはさすが。玄関をあけて階段をあがると、鳩の街通り商店街の始まりから現在までの出来事が年代とともに窓や壁に書き出されていることに気付きます。そして展示されている写真は数ヶ月前の過去、数年前の過去、数十年前の過去。様々な過去が整理/混在、つまり商店街の「過去」と出会うわけです。鳩の街はその長い歴史のせいか、特定の時代のイメージばかりを持たれがちです。しかしそれ以外にも様々な(生々しい)過去があるのだと気付かされます。階段をおりて扉をあけようとすると出会うテキストににやりとしてしまいます。

展示にあたって鳩の街入り口にあるおそば屋さん玉屋さんや、立花美容室の松橋さん、花よしの内田さん、鳩組の林さん他たくさんの方に資料ご提供をいただきました。それぞれの持つ鳩の街の過去は違っていて、何だろう、やはりレトロというわかりやすい一言ではくくれません。複雑という言葉は適していないんですよ…