スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月, 2012の投稿を表示しています

結果、私は18歳でもないし青春でもない。

この夏は自分の若さを検証するために青春18切符を活用して実家のある大阪に帰省しました。18切符が18歳のための切符なのだとしたら15歳も年齢をごまかしているわけで、そういった少しの罪悪感もあって「捕まってもいいわよっ」という覚悟から横シマボーダーの服で電車に乗りました。ふと見渡すと一車両に必ず3〜5人ほど同じ覚悟の横シマボーダーを着ている人がいます。さすがですね。というか流行っているんですね。

さておき。

東京駅 (Tokyo Sta.) 9:43 AM
東海道本線でまず熱海へ。始まってすぐは気楽なものです。車窓から見える風景を眺める余裕もあります。「新幹線だったらあっという間の風景だけど、こうやって眺めると違って見えるね」だなんて脳内の恋人と語り合っていたり。客の少ない車内。始終のんびりとした雰囲気だったら良かったのですが、小田原駅あたりから様子が変わります。


熱海駅 (Atami Sta.) 11:37 AM
小田原駅から大量のバックパッカー&キャリーバッグを持った若い旅行者&家族旅行者が乗り込みます。車内の温度が上がります。もちろん、湿度も。

熱海駅で扉が開いたら、途端に、上記3チームが走り出します。熱海駅では東海道本線普通島田行きに乗り換えます。2つある階段に人が走りこむ様子は、通勤ラッシュのそれよりも破壊力があります。これがいわゆる"競走"ですか。圧倒されてしまいました。私はマイペースに階段を降り、上り島田行きに乗りました。

座れません。2時間ちかく「島田行き」車内にいなければなりません。しかし私は事前にネットで18切符の極意なるものを調べています。へへへ。こういう鈍行の旅をするときはなるべく始発駅から電車に乗るに限ります。島田駅で乗り換える予定の普通電車「浜松行き」は興津駅が始発です。そのまま「島田行き」に乗っているのは上手な乗り方ではないのです。ふふふ。含み笑いを隠しながら興津駅を待ちます。


興津駅 (Okitsu Sta.) 12:40 PM
興津駅につくやいなや我先に階段へ向かう人人人。まあ、私の考えは甘かった。周りにいる方々全員18切符上級者でした。ここでも競走が行われ、大きな荷物をぶつけながら線路を挟んだホームに止まる「浜松行き」に座りたい一心で走ります。半ば諦めムードでのんびり歩く。階段を下ると思ったより人がいない。なんとか…

8月8日に書く、ここ数日の備忘録。

ここ数日の備忘録。

自転車で転んだ。車道から歩道にうつろうとしたのだが縁石が大きかったために車輪はその側面で縁石を滑り、バランスを崩した私は盛大にこけた。場所は奥浅草の辺りで観光客もまばらだ。老人が「大丈夫かい」と反対側の歩道から声をかけてくれた。老人のそばには孫がいた。年端もいかない、小さくて可愛らしい子だ。言葉の数も少ないだろう。私は、心のどこかで「こけたのに痛くないと回答したら子どもは自転車は危なくない、痛くないものだ、などと間違った知識を得るかもしれない」と考え咄嗟に「痛いです」と大声で返事をした。すると老人は「痛いんだって!ハハハ」と孫に笑いかけて歩き去った。よかった。これで自転車の危険性を知らずに、いや間違って自転車でこける事は危険じゃないと思い込んで育ち将来大きな怪我をしてしまうかもしれない子どもを一人救った。晴れ晴れしい気分だ。というのは言い訳で単純に「大丈夫です」と言えないほどダメージを受けていた為「痛いです」と大きな声で返事をしただけの話。

すみだ円卓会議という集まりに参加した。墨田区で何かしらの活動を行なっている人たちがyahiro8に集まり紹介し合い語り合い情報交換をするという会らしかった。私は例のごとく二時間通勤という試練を乗り越えて1時間近く遅れて参加したら、既にお互いをある程度知り話題も生まれ笑顔と笑顔の飲みニケーションが繰り広げられているコンパの輪に中々入れない人数合わせの新入社員よろしく、足がとまり焦りとにかく知っている人の顔が多い輪に入った。何をしゃべっていたのかすっかり忘れてしまっていて、それじゃ備忘録にならないじゃないか、とフジシロさんあたりにツッコミを入れられそうだけれどもそれくらいは許して欲しい。それだけ密度の濃い会合だったんだから。普段と違うコミュニティで自分や自分の関わる活動を紹介することは、とても良い修行。客観的に確認する良い機会なので、逃さないように参加したいと思う。

ペンを変えた。細かいことを言えば以前使っていたペンに戻った。

墨東まち見世編集部が発足し説明会が2回、編集塾(公開トーク&セミナー)の第1回が開催された。徐々に、ゆるく、でも着実に関わる人の顔が見えてきて、年度末のアーカイブ完成に向けて気持ちが盛り上がる。と同時に墨東まち見世2012もメイン会期前の佳境。よく広告などで気温が高いという意味での「暑い…