スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

3月, 2016の投稿を表示しています

じゃぽにか主催、書籍『地域アート 美学/制度/日本』刊行記念イベントにゲスト参加します

ひょんなことから、トークイベントにゲスト参加することになりました。

=====
4月1日(金)19:00~21:00
書籍『地域アート 美学/制度/日本』(堀之内出版)刊行記念イベント!
「みんなで地域アート本を読んであーだこーだ言う祭」
編著者の藤田直哉氏をお迎えして、本の内容について討議します。内容はネットで配信する予定。地域アートに携わっている方はぜひご参加ください。
ゲスト:藤田直哉(「地域アート」編著者・文芸評論)、ヨネザワエリカ、うらあやか、花房太一。【飛び入り参加OK!】(本を読んで来てね☆)
http://www.ongoing.jp/ja/artcenter/gallery/index.php?itemid=459#japonica
=====

私は基本主体となって何かに出演/参加することはありません。いつもこういったトークイベントは客として行く側です。今回は色々あって「ゲスト」という形で参加することになりました。自分が何をやってきたのか何者なのか、対面で一人一人に伝えてきたものの、わかりやすくまとめるなんてことはしていません。facebooktwitterこのブログに情報を残していますが、それらから推測してくれなんて偉そうなこと言える立場じゃないです。

ということで、拙いながらも私が何者なのかがわかるよう(今回のトークに関して、ですが)ある程度まとめてみました。ご参考にしていただければ幸いです。



私は広告会社を経て墨田区を中心にライターとして活動をしています。オフィスを向島の鳩の街通り商店街に構えて5年と少しが経ちました。今年から商店街の青年部部長を任され、季節の売り出しの企画や空き店舗活用のプロジェクトやアーカイブ事業に携わっています。

オフィスのある建物に以前場所を構えていたNPO法人向島学会さんと、2011年でしょうか、知り合ってから墨東まち見世という地域アートプロジェクトの事務局をするようになりました。以後、墨田区やその他様々なエリアで活動されている方とのお付き合いが広がっています。

墨東まち見世はアート関係者だけでなく墨田区で生活をされている様々な方と一緒になって動くことが多く、商業(これは商店街関係が多いですが)や工業など幅広い方のお世話になりました。そのつながりから、墨田区における様々なプロジェクトの裏方をしています。

例…