投稿

6月, 2015の投稿を表示しています

高木神社の大祭で鳩の街通り商店街をこどもお獅子が練り歩きました / ご報告

イメージ
鳩の街通り商店街は横幅3メートル、長さ200メートルあります。歩いてみるとその長さは歴然で、入口付近の店舗でイベントをしている時、商店会長さんのお店(出口付近にある)へ用事で向かうのが本当に大変なのです。これからする話は信憑性に欠けるので、言おうか言うまいか迷うのですが、まあいいや。お酒の席か立ち話か、とにかく話している人がある程度「盛って」言っているだろうことは明白な状況で聞いたことです。子どもの数が多い時代は獅子の胴体が入口から出口までつながって大変だったそうな。これは何かと言いますと、高木神社のお祭りに登場する「こどもお獅子」のお話です。


3日続くお祭りのちょうど真ん中。小学校もお休みの土曜日に「こどもお獅子」は登場します。獅子舞に使われるような獅子頭と布でできた胴体。ちょっと年上のお兄さんやお姉さんが先導するすぐ後ろを、獅子頭を持った子どもたちが続きます。布を持つ子どものもう片方の手を持つ親御さんの姿も微笑ましい。ゆっくりと商店街を練り歩きます。子どもたちは雄獅子と雌獅子と2台に別れ、雄獅子は男の子、雌獅子は女の子が持ちます。

ゆっくりと歩いているお獅子は、営業しているお店に入っては店内で「カチカチ」と大きく口を鳴らします。魔よけの意味があるのでしょう。お店の方は、さあ待ってました、といわんばかりの微笑みで獅子を迎え入れます。写真は鈴木荘の自転車雑貨のお店「千輪」さん。撮影のため、店主が外にいたのを見つけた町会のお姉さんが「何であんた中にいないんだよ!ばか!」と叫んでいたのが微笑ましい…。

さて、ちょうど商店街の真ん中あたり、鳩ほっとミニ公園のあたりで雄獅子と雌獅子は互いに顔を合わせ、激しく見栄を張りあいます。子どもたちの高い声が商店街に鳴り響く。子どもたちが持つ胴体の布は高く低く波打ち獅子の気勢を表します。この布の端が、昔は入口出口に到達するほどだったとか。今は子どもが減ってしまったのでしょうね。それでも今年は各40名ほど、合計80名ほどが並びました。


子どもたちはとても大きな声で元気に胴体を揺らします。この光景を見ながらいつも思うのです、お祭り好きの元気はいいなあと。ええ、まあ実際にそうなんです。が、本当は見栄の張りあい後の休憩でもらえるお菓子とジュースが楽しみで仕方がないみたい。

私は商店街の人間として、子どもたちにお菓子を配りジュースを注ぐ係をして…