投稿

2009の投稿を表示しています

Ukraine 旅行 / 7日目

iPodタッチはインターネットができます。ラーメンズを見るために持っていったツールが、思わぬ活躍を見せたのがウクライナ七日目。mixiにログインするととある方からメッセがきていました。その方も同時期にウクライナのリヴィウにいるそうです。日本語がしゃべれる!なんだかテンションが上がりました。

その方とモニュメントで待ち合わせ、少し早い時間だったのでカフェでお茶しました。風の強い日でした。日差しも強い日でした。カフェオレの美味しい店でした。熱いカフェオレなのにストローがついてました。2時間弱話し込みました。世界中を旅している日本人の話を聞きました。バンドの追っかけで世界中まわる人の話も。ユースホステルの話。オーストリアが色んな意味で素晴らしい話。気がつくとお昼ご飯の時間でした。

ランチしますか。って事で、街路樹立ち並び、おじいさまがチェスをする通りに面したレストランでランチ。二人で食べると多種類注文できます。ボルシチに、キエフ風カツレツ、じゃがいも、豚の串焼き。飲み物はクヴァス。お腹いっぱい。プハ。ウクライナ料理は何度食べても美味しいです。田舎風でシンプルな味付けだから、クセが無くていい。

さて、二人で話していると窓の外が暗くなりました。なんだ巨神兵か!?と思ったらただの夕立でした。ちょっと雨音で声が聞こえなくなるくらいの豪雨で、ミルククラウンが道路に無数あるくらい。ちょっと旅行者が凹むくらいでした。聞くと最近夕立が多いとのこと。ちょっと気をつけよう。mixiで出会ったその方とわかれ、街散策を再開します。

薬学博物館。古い薬道具の展示が独特で、臭い、湿った空気が印象に残る。廃墟好きとか、薬好きにはオススメの博物館でした。地下展示室、まあ地下の穴蔵ですが、ここにはなぜかクマバチがいたのでご注意を。

高い城壁。街が一望できるその場所が次の目的地。歩きました。石畳をずっと北に向かって。人通りが少なくなりました。右に曲がりました。人がいなくなりました。石畳がめくれ上がったままでした。土がむき出しでした。両側の石造りのアパートは三階建てでした。窓が開け放たれていました。老婆が三階の窓から見下ろしていました。子供が一人、リフティングの練習をしていました。買い物袋を下げた男が、道の真ん中でハーフパンツの左側の裾を捲し上げて立ちションベンをしていました危険信号が私の中で灯されました。…

Ukraine 旅行 / 5〜6日目

うっかりしていました。日本の1.6倍あるウクライナはヨーロッパでもロシアに次ぐ2番目の広さ。地図を見ずに列車を予約した私は、24時間列車の旅に出る事になってしまいました。五日目の14時発車。翌日の14時到着。4人1部屋のクシェット。冷房無し。蒸し風呂。汗だく。息苦しい。最悪。

昨日の楽しいのも打ち消すほどのうんざり旅行になりそうでした。アレクセイが登場するまでは。

一緒のコンパートメントにいたのがウクライナ人の夫婦でした。この旦那は煙草を吸う人で、喫煙スペースに時折出ていました。たばコミュニケーションとはよく言ったもので、喫煙中は妙な連帯感があるらしく、特にビジネスシーンでは重要な決断や密談が行われるそう。旅も同じで、妙に人と仲良くことがあるらしいですね。

そんな流れで、旦那が見慣れない人を部屋に連れてきました。坊主で鼻が高く口ひげのあるその男性は『アレクセイ』といい、防犯カメラなどの制御システムPGをしていて、ウクライナ人と結婚。嫁以外にも何人かの愛人がいて、人生を楽しんでいるそうな。何故こんなに知っているか。

酒の席では口が軽くなります。そう、アレクセイはお酒を飲んで部屋に来ました。ウォッカ片手によれよれと。そして私を見るなり話しかけてきました。もちろんウクライナ語で。私があたふたしていると、夫婦の嫁が英語で説明。ここでも通訳発見です。これ幸いと思ったのは、私じゃなくてアレクセイ。コミュニケーションができるとわかった途端にウォッカを飲ませようとあの手この手です。『ジャパニーズ サケ!ウクライニアン サケ!』と楽しそうにコップを渡してくる。

あ、これはもしかして泥酔させて泥棒を働こうとしているのでは?みんなグルか?窃盗団か?とドキドキしていながらも、結局酒を飲むことになってしまったのです。

アレクセイは言います。ウォッカをショットで一気飲み。一口チェイサーを飲み、果物を口に含んでから、『プアー』と叫ぶ。これがウクライナ流の飲み方だと。

後半記憶が無いのですが、おそらく4杯以上ショットで乾杯しました。酔わない様に気を確かにし、でも陽気に酒を飲みました。酔っぱらったら負けだ。何か盗られるかもしれない。気を許しちゃいけない。でも楽しい。陽気だ。言葉わかんないけど面白い。爆笑ポイントがなんだかわかる。また飲んでみよう。『日本に乾杯!』なんて言われたら気持ちよく飲む以外に…

Ukraine 旅行 / 4日目

クリミア戦争は世界史の教科書で見た事がある。そういう人、多いですよね。私もその一人。1854年から始まったこの戦争の舞台となったのがこのクリミア半島。ここには15世紀中頃にチンギス・ハーン裔の王族、ハージー1世ギレイによって建国されたクリミア・ハン国がありました。ロシアとオスマン・トルコに挟まれたこの国の首都が私がツアーで行ったバフチサラーイ。イスラム色の強いこの地方は、同じウクライナとは思えない異国情緒あふれた観光地でした。

ツアーのバスで向かうこと2時間半という長旅。冷房の無い車内ですが、窓を開けると涼しい風。目的地まで暑いと感じることは一度もありませんでした。

さて、この2時間半ガイドの女性が一度も休む事無く喋り続けていたことをお伝えしなくてはいけません。150分です。途中休憩は乗客の休憩時のみ。全てロシア語で話していたので内容は全くわかりませんが、おそらく歴史の説明をしていたのでしょう。チンギスハンとかそういう単語は聞き取れました。しかし、何度も言いますが、150分。東京→大阪間をひたすら説明しているわけですよ。明石家さんまでもできるかどうか。。。島田紳介なら、、いや、難しいかもしれません。そんな芸当をいとも簡単に成し遂げる。プロ根性をかいま見ました。さすが何世紀もリゾート地として名を馳せたヤルタ。プライドを感じました。

何言ってるか、さっぱりでしたが。

さて、バフチサラーイに到着。おそらくお昼ご飯の為、エキゾチックなレストランへ。さてその道すがら、女性二人が声をかけてくれました。ツアー客です。ロシア語でした。わからない。と説明すると、そのうち一人が英語で話しかけてくれました。よかった、通訳してくれる人がいた!この人はターニャと言い、ウラジオストック在住のロシア人。ターニャのおかげで、この後のツアーはガイドの説明も楽しめたのです。ほんとに感謝。

昼ご飯のメニューだけを決めてお金を払い、(後ほど食べる時間があるとのこと)崖に建てられたウスペンスキー修道院に向かいます。

ところが修道院を通り過ぎ、ガイドはまだまだ山道を歩きます。隣りにいた男性が私に英語で説明してくれました。「この後、1時間山をのぼるそうですよ。さらに頂上で1時間過ごして、1時間かけて下山するんですって。」目的地はまだ他にあるそうです。

げ。

ツアー客のほとんどが、びっくりしています。サンダルの…

Ukraine 旅行 / 3日目

何事もなく駅に到着。

シンフェローポリはリゾートの玄関口。ということで、列車を降りた瞬間から、タクシーとホステルの呼び込み合戦です。無視して、翌々日の電車切符を買いにカッサ(窓口)へ。

これがまた英語が通じない。買いたい切符の日付を指差した瞬間、受付のおばちゃまは『ニエット』とロシア語の『NO』を言います。たぶん、翌日以降の切符は別の場所で買うという意味か。左を指差し、何やら言いますがわからない。すごい親身におばちゃまは言うので、わかったフリをして笑顔で『スパシーバ!』。

英語の喋れる人を捜すも見つからず、わらにもすがる思いで警官に声をかけました。が、彼らも英語わかんない。僕はもう後に引けない。必死に食らいつく。なんとか意思疎通ができたみたいで、警官は『ついてこい』みたいな雰囲気で歩く。翌日以降の切符を売ってくれるサービスセンターへ連れて行ってくれました。満面の笑顔で『スパシーバ!デャクユ!』センターの女性は英語ができたので難なくチケットは購入できました。よかった。

さて次はヤルタに向かうバスを探さねば。mixiのコミュニティの皆様からの助言をもとにマクドを探す。すぐ見つかる。向かう。白い上下を着たタクシーの呼び込みをかき分けて切符売り場に到着です。売り場に座るブロンドの美しい女性が印象的でした。彼女からヤルタへの切符を買い、バスへ。指定席になっていたので、自分の席を探す。するとこれまた可愛い女性の隣りが
自分の座るべき席でした。やった。渾身の笑顔を躱されたので、ヤルタまでの2時間は無言。とはいえ気持ちのいい海岸沿いでした。

ヤルタへ到着。しかし、ここがどこかわからない。地球の歩き方に載ってる地図のどこかのはずなんだが。。路頭に迷いかけたその時、救世主があらわれました。

赤と黄色の目立つロゴ。そうマクドナルドです。地図にも『マクドナルド』と記述があったはず。彼を頼りにホテルを探し、安いホテルをゲット。5階の部屋までエスカレーターもエレベーターも無いのが残念でしたが、広く快適な部屋でした。エアコンもある。

ヤルタの主な交通機関はマルシュルートカという乗り合いバス。席がだいたい埋まった所で出発します。よくわからない所で停まり、よくわからない所で客を乗せ、よくわからない所まで向かう。バスの側面に向かう先がウクライナ語で書かれているので、他の観光客には使い勝手がよいそうで…

Ukraine 旅行 / 2日目

スキタイ人について興味のある方は、ぜひwikiを。そしてウクライナに向かい、『ペチェルースカ大修道院』内にあるウクライナ歴史文化財博物館へどうぞ。そこにひとつ黄金の首輪があります。一番内側には子牛に乳を与える母牛と牧童、真ん中には植物の美しい紋様、外側には鷲の頭と翼、ライオンの体を持ったグリフィンが馬を激しく襲うその一瞬が表現されています。

その筋肉の躍動感、肉を食いちぎろうとしている荒々しさ、その緊張感を美しく黄金で表現している。。とある本には、この芸術がツタンカーメン王の仮面やミロのヴィーナスに匹敵する人類の宝だと書いてありました。私もそう思います。興奮して黄金に見入っていた私。係員のウクライナおばあちゃん達の目にどんな風にうつったでしょうか(汗)

『ペチェルースカ大修道院』は広く見応えがある世界遺産です。宗教色が強い場所で、黒づくめの修道僧の姿もちらほら。ツアーなどの人だかりはできているものの、静かでした。地下墓地があり、そこには修道僧のミイラがおさめられています。信者でなくても入れる区画のみまわりました。


夜行電車が17時に出発することもあり、早々に駅へ。4人用クシェットに乗り込んで、明日はシンフェローポリ。クリミア半島観光の入り口となる駅です。期待と、言葉の不安を抱えて眠りにつきました。

ちなみに、4人用クシェットでは、男は自分一人だけでした。なんでやねん。と心の中で思いつつ。ま、誰と話すわけでもなく。期待と、言葉の不安を抱えて眠りにつきました(汗)

次はウクライナ3日目。

Ukraine 旅行 / 1日目

ウクライナに行ってきました。
8日間と限定された中、
今までで最もよく喋った一人旅でした。

まずは基本情報から。90日以内の滞在はビザが要らないウクライナは、日本の約1.6倍の広さを持ち、そのほとんどが平坦な丘陵地。肥沃な土地が広がっているために、農業国として名を広めています。国の真ん中をドニエプル川という大きな川が流れ、その西側は民族意識が高く、よりウクライナ色(言語も建物も)が強い地域です。公用語はウクライナ語。その他ロシア語も話されていて、国の東側地域ではロシア語が支配的です。東側にはクリミア半島があり、保養地として何世紀も名を馳せています。夏になればヨーロッパ各地から観光客が集まり、『ヤルタ会談』で有名なヤルタはにぎやか。ただ、観光地であるはずのクリミア半島ですら英語は99%通用せず、街中・看板にも見られません。

詳しい事はこちら(http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/ukraine/index.html)

さて、そんな国ですから、キエフ空港に到着しても英語表記がほとんどありません。入国審査にいる係員はウクライナ語+英語単語で話す。。イミグレーションカードに不備があり2度ほど並びなおす間に、1時間半も入国審査にかかってしまいました。

やっとこさウクライナ入国です。そこいらの人に聞いてバスを探し、市内へ。拠点となるキエフ駅に到着しました。日差しが強い。痛いのに涼しいのは空気が乾燥しているから?気持ちのいい国です。

さて、のんびりしていられません。一年で一番人の多い時期にヤルタに向かうのですから、急いで駅で切符を買わないと売り切れてしまいます。しかし英語が見当たらない。何もかも感覚で過ごすしかない。。手帳に書いた地名や単語を駆使して、翌日の夜行切符をゲット。ふう。ひと安心。

本日の『やらないといけないこと』をこなしたので後はホテルに向かうだけです。地下鉄駅へGO!緑色で『M』とわかりやすい表示がしてあるので一目でわかりました。しかし切符窓口に長蛇の列。何がなんだかわからずに並びます。窓口にはウクライナ語で色々書いてあるのですが、1(なんとか)=1.7грнとある。なるほど、たぶん一回乗るごとに1.7грнかかるんだな。窓口でおばちゃんに人差し指一本を見せて、2грн札を渡して水色のプラスチックでできたコインをもらう。改札にコインをい…