2017年10月28日土曜日

第4回ハトウィン~アジアンハトウィン~ / ご報告

鳩の街通り商店街で開催するハロウィンイベントだから「ハトウィン」というダジャレのようなネーミングもだいぶ浸透してきた気がする4年目。2017年10月28日土曜日に第4回ハトウィンが開催されました。


秋の売り出しと100TENプロジェクト対象店舗お披露目を兼ねたハトウィンでは、今年も100円で販売する模擬店やコスプレ企画、商店街内各店舗を巡る企画が行われました。100TENプロジェクトとは、商店街が中心となって空き店舗を埋める活動です。今回対象となったのは墨堤通りから近い場所にある元角打ち飲み屋の空き店舗。新しく入ったのベトナム雑貨のヴェトメーオさんです。


前職の出張などでベトナムに魅せられたヴェトメーオさんは、お披露目のためにベトナムで雑貨屋お菓子などを仕入れて来てくださいました。クイズラリーのゴール地点となっていたヴェトメーオさんには子どもたちが押し寄せ、難題に頭を悩ませていました。

そう、今回のハトウィンはスタンプラリーではなくクイズラリーを実施したんです。協力いただいた店舗にベトナムにちなんだクイズを貼り、店主にはヒントカードを配布。ベトナムを熟知した人は店主とコミュニケーションをしなくても回答できますが、そんな人はなかなかいません。店主に声をかけヒントを引き出します。


台風が近づいており天候も不安定でしたから青空の下で子どもたちが…とは言えないのが残念ですが、100YENチャレンジショップに参加してくださったサングランデさんの子どもさんをはじめ、老若男女様々な人がクイズを楽しんでくださいました。

100YENチャレンジショップは、これまたハトウィンと同じく恒例のイベントです。出店料100円、販売するものはなんでもOK、ただ100円で売っていただく模擬店企画。もともとは空き店舗内覧会の企画の一つとしてスタートしました。


空き店舗の内覧会をちょっとでも面白くしようと、鳩の街通り商店街では「空き店舗博覧会」「体験型空き店舗内覧会100YENチャレンジショップ」「さわれる空き店舗内覧会」などなど様々な企画を打ち出してきました。特に体験型空き店舗内覧会は人気が高く、対象店舗が少なくなった今でも100YENチャレンジショップは継続しています。



鳩の街通り商店街では、店舗だけでなく普通の住宅の姿も目立つようになりました。水戸街道側の入り口にあったエナジースーパータジマも閉店。最寄り駅である東武曳舟駅がリニューアルしたり京成曳舟駅の高架化によってチェーン店の数が増える中、「お店がたくさんあって便利」という機能はもはや担っていません。これは前々から言っていること。加速しています。

数年前から鳩の街通り商店街はその機能を別の何かに置き換えることを試し続けています。近隣の方々にとってこの商店街はどういう存在か。

100YENチャレンジショップに参加していただいたサングランデさんや、夏のジャズフェスティバルに参加してくださっている鳩組さんはご近所さんです。サングランデさんは近くにあるマンション組合の方々。初回からずっと出店してくださっています。


こうした関わりを継続し、見知らぬ場所ではないこと、知ったことのある顔がたくさんいる場所であること、そういう意味で安心できる場所であること、遊び場であること、自分たちの場所でもあること。商店街は「道」ですが、ただ通りすぎる道ではなく、何かしら「自分にとっての価値」を持つ道であること。


そういう機能を模索し続けています。



来年のハトウィンはどんな形で開催できるか、今から楽しみです。


0 件のコメント:

コメントを投稿

第4回ハトウィン~アジアンハトウィン~ / ご報告

鳩の街通り商店街で開催するハロウィンイベントだから「ハトウィン」というダジャレのようなネーミングもだいぶ浸透してきた気がする4年目。2017年10月28日土曜日に第4回ハトウィンが開催されました。 秋の売り出しと100TENプロジェクト対象店舗お披露目を兼ねたハトウィン...