북촌 한옥마을/Bukchon Hanok Village - 韓国旅行記(旅行というか週末の過ごし方)


Booking.comを通じて予約したゲストハウスが、フランスの旅行ガイドブックミシュランガイドグリーン・ミシュラン コリア最高ランクの“三つ星”になっていると知ったのは、24時を過ぎて到着してへとへとになりながらチャイムを鳴らし、何度も鳴らし、やっと起きてくれたご主人がめちゃくちゃいい人で、かたことの英語と笑顔(眠そうな)で諸々のやりとりを終えて布団に入ってスマホを眺めて調べてやっと、でした。


朝の8時、伝統的なスタイルで配膳された朝ご飯は上品はピビンバ。八角形のお盆の上に所狭しと並べられた金属製のボウルにお箸に気持ちが落ち着きます。それよりも何よりも、配膳に来てくださったお母さまの笑顔に癒されました。味は絶品。別棟が台所になっていて、そこで準備し、中庭を通って部屋まで届けてくれました。伝統的な建物にアットホームな雰囲気、かつ駅から徒歩5分以内という素敵なゲストハウスなのに一泊6000円弱とリーズナブルなのが驚きです。

133-2, Anguk-dong, Jongno-gu, 鍾路区(チョンノグ), 110-240 ソウル, 韓国
↑Booking.comにリンクしてます



さて街はといえば、原宿と向島と浅草をめちゃくちゃに配置したような、そんな街並みが続きます。歴史を感じさせる塀が続いているかと思えば、その向かい側にはオシャレなカフェにギャラリーにセレクトショップが並びます。あちらこちらに見える細い路地に足を踏み入れれば、時代が変わったかのように見える建物がドンツキ(行き止まり)を飾りますが、そこは民家とゲストハウスが混在する不思議な場所。大きな道には車が通り、民族衣装を身に纏った観光客が路地を歩きます。なんだここは。







行政主導の景観保存施策に反対した住民が得た規制緩和によって歴史的建造物の危機に直面し、住民主導の景観保存計画が動いているこのエリア。写真でご覧いただけるような古さと口当たりの良い観光地らしさと迷路のように入り組んだ道が、一筋縄ではいかない町の面白さを伝えてくれました。

■북촌 한옥마을/Bukchon Hanok Village
http://bukchon.seoul.go.kr/jap/intro/history.jsp
北村韓屋村wiki










コメント

このブログの人気の投稿

「仮面屋おもて」がキラキラ橘商店街にオープンしました。

知床旅行記(旅行というか週末の過ごし方)

新年早々、車をぶつけちゃいましたよ。