妄想自転車部カフェ at となり製作所 / ご報告


暑さを忘れるくらいに楽しいイベントでした。もっと撮影していたと思っていましたが、写真フォルダをのぞいてびっくり。そんなに撮影していませんでした。撮影するよりも自転車をこいでかき氷を作ったり、妄想自転車のアイデアを紙にしたためた方が楽しかったんでしょう。



昨年末から高知に移住した、自転車部部長、KOSUGE1-16の土谷さんも参戦。真剣な眼差しでかき氷を作ります。高知土産の「小夏シロップ」と「小夏ジャム」を使った大人かき氷は絶品でした。3回も自転車をこいで食べたのは、私です。

会場となったとなり製作所は、明治通り沿いにある旧邸の1階、やひろ食堂のとなりにあるスペースです。吉成工業の吉成さんがオーナーとなり、ものづくりをキーワードにしたスペースとして運営されています。普段から「小学生に工具箱をもたせたらいい」とものづくりと教育について考えていらっしゃる吉成さんのことですから、これからの動きがとっても楽しみです。




(天井にぶら下がっている自転車のフレームもまた色々な物語を秘めています。ぜひ足を運んで、吉成さんにお話を聞いてみてください。)


やひろ食堂
131-0041 墨田区八広2-45-10

コメント

このブログの人気の投稿

「仮面屋おもて」がキラキラ橘商店街にオープンしました。

アフガンボックスカメラを体験するワークショップに参加してきました

ヨネザワエリカのオフィスへの行き方(2)