『メランコリア』


体感として、身体感覚として、「快感」を覚えた。デューラーの銅版画。霊感をうけた彼女は周囲を欺くがそれは天才がゆえの選択に見える。世界の終わり。しかしその知性の努力をもって物質を超え精神の高さによって神の領域に迫る。ああ、ぜひもう一度と言わず二度三度と見たい。

アルブレヒト・デューラー「メランコリア」

コメント

このブログの人気の投稿

「仮面屋おもて」がキラキラ橘商店街にオープンしました。

アフガンボックスカメラを体験するワークショップに参加してきました

ヨネザワエリカのオフィスへの行き方(2)