肉寿司を食べてきました。



牛と馬の肉の盛り合わせ。シャリの粒と肉の厚みのバランスがちょうどいい。牛はお馴染みの味で、シャリの酸味と山葵が締める。馬の赤身はこれぞ肉寿司と言わんばかり。歯ごたえが、肉の旨味が、荒々しく上品だ。二の腕が筋肉で膨れた漢(おとこ)の上品さ。うまい。馬のトロの歯ごたえは挑戦的だが確かに濃い。噛めば噛むほどにちょうどよくなる味は食べてみなければわからない。馬のネギトロのキンと冷えた爽やかさが「盛り合わせ」に花を添える。


肉寿司のポテトサラダ。こってりとしたベーコンの下には卵、キュウリ、玉ねぎ等の野菜が混ざったポテサラ。黒胡椒がまぶされていた。少し薄い味付けだが、ベーコンで巻いて食べると、ポテトサラダというよりも肉サラダ。残る胡椒の刺激が次の食欲をそそる。


左から、馬豚鶏。こってりさっぱりしっかり。コリコリサクサクシットリ。海苔の中の小さなどんぶり。タンコラーゲン酢締め。ちょっと通な気分にさせる。皿の上の肉軍艦寿司は、「まだまだ食べたい」「まだまだ足りない」「まだまだいける」と私たちの気持ちを駆り立てる。


まるちょう稲荷の油揚げの中にはシャリとモツとネギとゴマ。5cmほどある稲荷は一口では食べられません。一つ、また一つと箸でモツをすくって口に頬張る。味がしっかりとしみていて、これだけでも十分食べられる。油揚げの中を覗くとモツはあと1つ。やっと口に頬張れるサイズになったから、えいやと投げ込んでモグモグと。油揚げの甘みとモツのこってり。シャリで中和される。そして一言「旨い!」


「お兄さん、お会計お願い」 モヒカンの板前さんは、何を言ってんだあんたらは、とでも言わんばかりにキョトンとした表情。「さしとろ食べないの?」 聞くと、さしとろ、という名物料理があるとか。嫌味なくらいに自信満々な表情を見せる板前に、私たちも負けてられるかという気分になる。「じゃあ2人前くださいな」 出された皿を見て絶句した。なんてでかい。肉汁と油の融け合ったキラキラが眩しい。直径、これは、15cmほど…いや、20cmはあると思う。一口では食べられないから、箸で切りながら口に頬張る。溶ける肉は久しぶりに食べた。上から振られた塩と胡椒の味がする。ネギとシャリの歯ごたえ、溶ける寸前の肉の歯ごたえ。何から何まで楽しくて仕方がない、さしとろの食べ心地。そりゃあ自信満々になるわ。

本当に美味しいお店。恵比寿横丁の中、恵比寿駅方面から入って一番奥にある「肉寿司」の肉寿司を食べてきました。ヴィヴィアン佐藤さんと野宮真貴さんのTwitterで話題になっていた肉寿司は、そのビジュアルからして破壊力抜群だったのです。実際に食べてさらに破壊力の強さを実感しました。

こればっかりは記録しておかなきゃ。いつ生肉が食べられなくなるかわからない。

コメント

このブログの人気の投稿

「仮面屋おもて」がキラキラ橘商店街にオープンしました。

知床旅行記(旅行というか週末の過ごし方)

新年早々、車をぶつけちゃいましたよ。