スキップしてメイン コンテンツに移動

NY旅行 その3 2015/7/4


7月の頭にニューヨークへ行ってきました。その旅行記というよりはメモの集積。
--------

3日目

寝坊してTom's Restaurantに行くことができなかった。セントラルパークの散歩もできなかった。なんだか予定していた全てがおじゃんになりそうだったけどシャワーだけはしっかりと浴びてメトロポリタン美術館に向こうことにした。到着した時間がもう遅かったからなのか、既に大行列だった。


言い値で入ることができる日だった。25$を出すと「それよりも低い値段で入場できるけどどうする」と言われた。そこで「20$を支払います」「いいの」「はい」というやり取りをしてしまう。ああ私は中途半端な小心者だなあと少し落ち込みながらポリネシア地域あたりの展示を見て、全ての気分が吹き飛んだ。



なぜ逆さまになった裸の少年の像が突き刺さっているのか理解ができない。とてつもなく大きな像が斜めに展示されているところでは畏れすら感じた。造形それぞれにツッコミを入れるのが疲れる。私一人では体力が持たない。せめてフジシロさんや開さんがこの場にいると、よりゆるやかに笑えた気がする。真剣に受け止めすぎた。



撮影したのはほんの一部だけどそれでもお腹一杯になる。おそらく記憶に残っていない強烈な彫刻もあったはずだろう。金細工はあえて撮影はしていない。有名なオーパーツで飛行機の金細工があったと思うがあれば魚なんだろうと思う。一つだけ見るとわからないが、他の動物の細工と並べてみると理解できた。


近現代の美術が展示されているブースに移動するとなぜか少しホッとする。見たことのある作品がいくつかある。時間の距離が近くなればなるほど親近感が沸くのは不思議な感覚だ。



階段の先に暗い部屋がありピエールユイグの「HUMAN MASK」が展示されていた。私が見たのは映像の後半からだったので、その居酒屋がどこか最初私は知らなかった。


能に似た面を被った猿が居酒屋の台所や座敷を移動する映像だった。グロテスクな表現もいくつかあったが私は、最初は、楽しめた。滑稽というわけではない。猿が人間に見えてしまうこと、そう感じた自分の感覚を受け止めることのグロテスクさ。その感覚自体はとてもよい体験だった。ループし映像の最初から見て私は手に汗を感じた。

東日本大震災の後の廃墟の映像が流れた。立ち入り禁止区域であることが映像や音声(サイレンの放送)で伝わった。つまりそれは立ち入り禁止区域内にある居酒屋で人が存在できない場所であったというわけだ。そこに人間の面をした猿が存在していた。人が存在してはいけない場所で猿が人を模す。


打ちひしがれてそれ以降の展示のことはあまり覚えていない。中東や中央アジアの美術の展示も素晴らしかったけれどもうつろな眼をして眺めただけだった気がする。日本の美術を紹介する部屋に名和さんの作品があったのは覚えていて、ちゃんと写真にも撮っていたみたい。



ファッションと中国美術のコラボレーション展示はとても賑やかで華々しいものだった。この区画だけ全くの別世界で、冷静に思い返してみると煌びやかでよい展示だったんじゃないかと思う。ユイグの作品で落ち込んだ気分が少し持ち直したような気がする。その後、東南アジア圏の仏像を眺めたり中世の鎧を眺めてメトロポリタンを後にした。






メトロを乗り継いでPark Avenue Armoryへ。ここは元々ボランティア民兵の施設として使われていた施設らしく、例えるならばとてつもなく大きな体育館。この日はPhilippe Parrenoというアーティストの展示が行われていた。複雑にプログラムされた10の光の彫刻。鑑賞者をいざなう仕掛けは環境の彫刻のようでもあった。


私が訪れたときはピアノが演奏されていた。スタッフに聞くと「この演奏は特別なコンサートではなくて、奏者が好きなときに訪れて演奏するのよ」つまりそういう作品ということか。小さな女の子が他の鑑賞者に対して話しかけていたのも作品の一部、パフォーマンスということらしい。ちなみに彼女たちのみ撮影禁止で理由は「彼女たちはプロで、このパフォーマンスで報酬を得ている」からというものだった。



回転する舞台の上で人の動きを眺めたり、少し外れた場所にある椅子に座って瞬く照明を眺めたり、ディスプレイにうつるCGを見つめたり。思い思いの仕方で作品の中を移動する人々のリラックスした様子はとてもよかった。あの照明はどういうアルゴリズムだったんだろう。



Park Avenueから移動してBushwickに行ったらオープンしているはずの時間なのにビル自体閉まっていた。そうか今日は7月4日、独立記念日だ。その周辺にあるギャラリーに行ってもほとんど閉まっている。なんと残念なことか…。仕方が無いから、少し離れた場所(1駅くらい)にあるギャラリーに行くことにした。写真はBushwickの道すがらにあったものたち。




Jefferson Stという駅で降りて少し歩くとMicroscope Galleryがあいていた。それ以外のギャラリーはやはり閉まっていたけれどBushwickのマップ他情報源となるような印刷物がいくつかあったのでゲットした。近くのフリーマーケットも閑散としていた。今日は独立記念日だからね、とおっちゃんは笑いながら飛ばしていた。




Arepera GuacucoというVenezuela料理のカフェに入って一休み。独立記念日の花火はブルックリンブリッジのすぐ下にあるDumboエリアで見る予定だったので、今日もGoogle Map先生にお願いして最適なルートを検索。バスがちょうどいいよ、と指示があったのでバスに乗った。




Dumbo手前のヨークストリートとゴールドストリートの交差点でバスを降りて歩いてDumboに向かった。元々は倉庫街だったらしい。石畳に埋もれた廃線。廃墟のような建物を見上げるのは少し気持ちがよい。ブルックリンブリッジ横につけたデコラティブなバスの屋上では若者がBBQをしていた。実は彼らは花火を見ることができなかったはず。角度の問題で。





建物の角、橋を眺めることができる場所で私は座って花火が上がるのを待った。目の前の公園は入場制限が行われているらしく警官と人々のやり取りらしきものが見える。ヘリコプターが空を横切った。落書きのある石畳の上だったから立ち止まる人の数も少なく、もしかしたら絶景ポイントなのかもしれないと嬉しくなった。




そんな気分も長くは持たず、どんどんと人が増えて、結局立ち上がらなければ何も見えない状態になってしまった。余談だが隣に座ったコロンビア人家族の妹さんが日本語を少し話すことができた。兄が「理由を言ってごらんよ」と意地悪そうに言うと妹は「マンガが好きなの私。ナルトが特に大好きよ」と言っていた。なんだかこういうやり取りよくある気がする。




花火が上がった。しかし建物の向こう側で。ぎゅうぎゅう詰めになって花火を待っていた人々の口から絶叫のような落胆の声が上がった。一番最初に陣取っていた老婆は、泣き崩れていたようにも見えた。人は花火が見えるかもしれない方向へ一気に移動した。私はその流れを眺めて楽しんだ。流れが緩やかになったところで私も移動した。


左へ行ったり右へ行ったり。あちらこちら人が川の流れのように移動する。時々見える花火に皆歓声を上げる。どうしようもない状況だけど楽しかった。誰も何も不満を言わない。見えることに対する執着だけが人を動かす。鏡面加工のビルの窓にうつる花火を指差して「見ろよ!あれも素晴らしいじゃないか!」と言っていた若者はとても好感が持てる。



とにかく賑やかな人の流れを楽しみながら、私は途中で流れから離脱してメトロに乗って帰った。気持ちのいい疲れだったと思う。花火は夜中遅くまで上がっていたようだ。夜中にも乾いた爆発音がいくつか聞こえた。銃声かもしれないけど、花火だと思っていたほうがよいかなと思う。

コメント

このブログの人気の投稿

「仮面屋おもて」がキラキラ橘商店街にオープンしました。

京島のキラキラ橘商店街は、私が事務局メンバーとして関わっていた「墨東まち見世」にとって縁の深い商店街です。初年度から様々な企画でお世話になっており、2012年度ではインフォメーションセンターとしての事務局スペースを構えさせていただきました。(初年度、その場所では岸井大輔さんのプロジェクトが行われ、商店街では大巻伸嗣さんの展示も行われました。)現在、そのインフォメーションセンターとして借りていた場所はブティックが入店しています。

さて、キラキラ橘商店街は毎週土曜日に「キューピッドガールズ」によるパフォーマンスが行われたり、日曜朝には朝市、日本全国の中学生が課外授業として訪れるなど、商店街を中心とした地域の魅力発信がとても盛んです。そんな商店街に、最近なにやら不思議な店構えの店舗が入店しました。

既に4月28日オープンしておりますが、その数日前、関係者への内覧会におじゃましましたのでその写真をご紹介します。まずはずらりと見てください。

ところ狭しと仮面の並ぶ1階スペース

海外の作家さんの仮面も並んでいました
 ひ!一つ目!
 通りの向こう側からも見えるようになっていますね
このお店は「仮面屋おもて」という「仮面」のお店です。揃えているのは、日本国内外を問わず様々な仮面作家さんの作品です。内覧会は夜に行われました。商店街を通り過ぎる人は帰宅途中、もしくはこれから飲みにでも出かける人でしょうか。色々な背景でその前を通るほぼ全ての人が足を止めてその店を眺めていました。無理もありません。見たこともない不思議で美しく面白く想像力をかきたてる仮面が展示されているのですから。


何屋さんか一目瞭然、でも何をするのか入ってみないとわからない
仮面の使われるシチュエーションは私たちが想像している以上にありました。例えばミュージックビデオの中の演出としてよく使われていますよね。その他、ファッションショーの一部として、映画、演劇の道具として。様々な場面で仮面は使われていることに気付きます。店主の大川原さんは、こうした仮面の需要に対してこたえられる仮面作家さんの紹介を行っているそう。つまり仮面のことならなんでもござれ、彼に情報が集約しているんですね。

これからは販売だけではなく二階スペースでのワークショップなど、様々な事業展開も考えているそうです。演劇では仮面を意味する「ペルソナ」は、ただ衣装を着たり仮…

知床旅行記(旅行というか週末の過ごし方)

知床でワークショップをする機会をいただいたきっかけや理由や流れをここで説明するのは難しいし可能ならば丁寧に、そう、面と向かって相手の表情を見ながら伝えたい内容。ここでは初めて知床に向かう際の飛行機内で偶然アーティストのエレナトゥタッチコワさんに出会ったことを話しておいた方がよいと思う。

数年前のアタミアートウィークで知り合って以来の出会いだったけれも忘れられないその顔はすぐ声をかけるに至った。女満別の空港で仕事の依頼主を紹介したり、行き先を聞いて同じ知床であることに驚いたり、そこで初めて「メーメーベーカリー」というパン屋のことを聞いたりした。

雪解けとメーメーベーカリー
メーメーベーカリーとシリエトクノートから広がる様々なつながりや状況のおかげでワークショップは、私が思っていた以上に何かが伝わったと思う。知床には合計2回ほどしか来ることは無かったけれど、私にとって墨田区に続いて気にかかる…大事な感じのする場所になった。

ワークショップが終わってから1~2年ほど知床に行くことは無かったけれど、メーメーベーカリーの小和田さんやシリエトクノートの中山さんたちが東京に来た時に出会ってご飯を食べたりカラオケをしたり、思い出はなかなか途切れることなく着々と痕跡を残してくれている。

AIR DOと夕焼け
そしてこの4月の半ば、やっとこさ、知床半島を再び訪れた。

ワークショップの際は依頼主が用意したレンタカーで女満別空港からウトロまでひとっとび(といっても1~2時間かかる)だった。今回は公共の交通機関を使った。まずバスで女満別から網走駅へ。網走駅から釧網線を使って知床斜里駅へ。知床斜里駅に着くとシリエトクノートの中山さんが待っていてくれた。彼女の車に乗って宿泊する「しれとこくらぶ」へ。

夜の網走駅はちょっと雰囲気が、ある
釧網線の一両車両。ここで高校生たちの青いやりとりが。
石川直樹さんの写真とプロモーション。やっと見れた。
しれとこくらぶ、お世話になりました!
祖父の代に地元の付き合いで譲り受けた(お歳暮として)温泉をもとにスタートした民宿「しれとこくらぶ」は市街地にある。手作り感のあふれる民宿は、やはり温泉が良質で素晴らしく、しれとこくらぶ1階で開業しているレストラン年輪も人気。夜中や朝早くはそりゃもちろん少ないが、夕飯時はご近所さんや宿泊客で賑わっている。朝食はお母さんの手作りを食べな…

新年早々、車をぶつけちゃいましたよ。

私は車をガレージの門にこすりつけた。車は運転席ドアが開かず助手席側から入るしかないほど右側の壁近くに駐車されていた。向かう方向は右側。私は左にハンドルをきり、少しふくらませてから右にハンドルを回す。ところが、安全に出発させるには、もっと車を前に出す必要があったらしい。門をこするギリギリの距離で私はどうしようもできなくなった。心配して様子を見ていた父親にハンドルを譲った。彼もこの状況から脱するのに困難を要したが、なんとか門と車の右側との距離を空けて、車を出すことができた。父親が車の右側をチェックしに走ると、案の定、夜でもわかるほどの傷があった。思わず「これ5万や!」と彼は言った。私は本当に申し訳なく思って謝った。ドライブに出る予定だったが、もはやそんな気分じゃない。「大丈夫や、気にすんな」と父はフォローを始めた。私の肩をバンバンと叩き「この車は共有や。みんなのもんや。おまえのモノでもあるし俺のモノでもあるねん」と言い「気にせんでいいから、ほら、ドライブに行け!」と運転席に押し込み去っていった。

1時間ほどドライブをしていたと思う。5万円と具体的な数字を言われてしまったから、申し訳無さや運転技術の低下した事の情けなさが、いやにビビッドに頭を駆け巡る。「右に詰めすぎやねん」とか「運転技術にこだわるのはええねんけど、ガレージ広いねんから、そんな技術の鍛錬は無駄やん」とか言い訳も顔をのぞかせたけれども「いやいや、私の技術さえあれば回避できた」とか「落ち着いて対処できたら問題にならなかった」と今度こんな事が起こらないように、と反省に集中した。

帰宅した。今までにないくらい車庫入れは緊張した。何度もハンドルを回して、まるで若葉マークの初心者のよう。気分は落ち込んでいて、一階で炬燵に入っていた父親に「5万なんよな。ごめん。本当に申し訳ない」と言った。彼は「車は慣れの問題や。あんま運転する機会ないから仕方ない。もっと運転したらええねん」と、またフォローをした。私も大人気なかったと思う。「しばらく運転せんとくわ」とどうしようも無い事を言ってしまった。なんとなく、このまま一人で誰とも話さずに寝たかったから「寝るわ」と3回念を押して二階に上がって寝室にこもった。母親は意図を理解してくれていたようだったが、父親はそうでなかったんだと思う。

階段を上がってきた父親は寝室のふすまをノックした…